2007年11月07日

携帯戦争

いよいよ世界中で激化してきた携帯電話ネット市場争い。今までのPC中心のネット使用より遥かに大きく未開拓な市場なのでみんな必死だね。網神 google や 巨人 Microsoft といえど簡単に覇権を握れないでしょうね。
傍で見てる分には面白いけど。

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20360465,00.htm
米グーグル、携帯OS無償公開 第2のマイクロソフトに

 米グーグルは6日、基本ソフト(OS)を含む、携帯電話開発に必要なソフトウエア一式「アンドロイド」を開発し、無償公開する、と発表した。

http://japan.cnet.com/interview/story/0,2000055954,20359920,00.htm
追う立場のモバイル市場でどう戦うか:MicrosoftバルマーCEOの戦略
 サンフランシスコ発--過去20年間PC市場を牛耳ってきたのと同じように、Microsoftがモバイルソフトウェア市場を支配する日は来るだろうか。

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)Steve Ballmer氏は、モバイル市場に大きなチャンスを見いだしている。何百万人もの消費者が携帯電話を購入しており、携帯電話の能力が上がるにつれ、その延長線上にMicrosoftの中核事業であるPC用オペレーティングシステムとアプリケーションの販売が位置づけられるのは自然なことだからだ。


ソフトバンクも凄いスピードで規模を拡大してますね。孫さんの発言にも勢いがあります。
上半期の連結売上高1兆3647億円か…勝ちたいなぁ。

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0711/07/news032.html
ケータイを“インターネットマシン”へと進化させる──ソフトバンク 孫正義社長 (1/3)
ソフトバンクの孫正義社長は11月6日、中間決算発表会で業績を開示。「ソフトバンクは“日本の携帯第3位の会社”ではない。アジアのナンバーワンインターネット企業が、携帯電話事業を始めたのだ」と力説した。
Photo ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏。現在自身で最終テスト中という「THE PREMIUM 820SH」とおぼしき端末を、自信作だと披露した

 ソフトバンクが11月6日、2008年3月期の中間決算を発表。上期の売上高は1兆3647億円で前年同期から2245億円(19.7%)増加。営業利益は1677億円、経常利益も1111億円と前年同期を上回り、過去最高の数字を記録する増収増益となった。
posted by watcher at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。